田中碧の海外(ドイツ)への移籍金は0円!?年俸や海外の反応は?

東京オリンピックのサッカー日本代表選手にも選ばれている田中碧さん。

2021年7月からは海外チームへの移籍が決定し話題になっています。

  • 田中碧の海外への移籍金は?
  • 年俸はいくら?
  • 田中碧への海外の反応は?

ということでコチラの記事では『田中碧の海外(ドイツ)への移籍金は0円!?年俸や海外の反応は?』についてご紹介させていただきます。

もくじ

田中碧がドイツ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍!

川崎フロンターレのミッドフィールダーとして人気があった田中碧さん。

2021年6月28日に公式HPよりドイツの『フォルトゥナ・デュッセルドルフ』への移籍が発表されました。

まず、『フォルトゥナ・デュッセルドルフ』はどんなチームかと言うと…

  • 2020-2021シーズンはブンデスリーガ2(ドイツ2部)で5位
  • 2021-2022シーズンは1部に昇格できる可能性が高いとも言われている

今が最強に強いレベルというよりも、これからどんどん登っていくであろうチームということ。

田中碧さんの初の海外への挑戦にはピッタリのチームなのではないでしょうか?

かつては元日本代表の宇佐美貴史選手や原口元気選手も所属していたので、日本人選手とも関わりが深くコミュニケーションも取りやすいのではと考えられます。

現在、日本人ではアペルカンプ真大選手が所属しています。

アペルカンプ真大選手はドイツのU20代表にも選ばれているほどの実力者。

これからは日本人選手として切磋琢磨して頑張っていってほしいですね!

田中碧の海外(ドイツ)への移籍金はいくら?

田中碧の移籍金は0円!?

ネットでは「田中碧」と検索すると…

「田中碧 移籍金」

とすぐに出てくるため、移籍金について気になる方が多い様子!

移籍金の意味を解説すると、

プロスポーツ選手が所属する団体(クラブ)との契約期間中に所属団体(クラブ)を変更(移籍)するにあたり、新しい移籍先から元の所属団体に対して支払う金額のことである。

wikipedia

選手を引き抜くにあたっての違約金のようなもの。

これは両チームの話し合いによって決まるケースがほとんどで、実力のある選手であればあるほど金額が高額になってゆくのです。

例えば過去の日本代表選手の海外への移籍金で言うと、

香川真司:約20億円(ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド)
岡崎慎司:約13億7500万円(マインツ→レスター・シティ)
長友佑都:約5億6250万円(チェゼーナ→インテル)
本田圭佑:約11億2500万円(VVVフェンロ→CSKAモスクワ)
清武弘嗣:約8億1250万円(ハノーファー→セビージャ)

巨額のお金が動いていることが分かりますね。

それだけのお金をかけてでも引き抜きたかったということ…!

しかし、今回の田中碧さんの移籍金はなんと「0円」!

一体どういうことなのか見ていきましょう。

購入オプション付きのレンタル移籍だから

サッカー

田中碧さんの移籍の内容は『1年間のレンタル、購入オプション付』というもの。

完全に海外チームに移籍するわけではなく期間は1年間と決められてます。

そして購入オプションとは、

「レンタルで試して、使えるようであれば買い取る」

という契約のこと。

最初から高額なお金を提示してしまうと選手が活躍しなかった場合にリスクが大きくなってしまうため、近年ではこういった”レンタル移籍”という形が多くなっているのだとか。

もしレンタル終了時に選手を完全に確保したいと希望すれば、移籍当初に設定していた買取額で交渉が成立します。

しかし、当初の設定買取額は現在まだ明かされていないまま…

過去にレンタル移籍から完全移籍となった選手を調べてみると、2021年1月からドイツのビーレフェルトにレンタル移籍していた奥川雅也選手がいます。

2021年6月に完全移籍の方向で決定し、当時の買取オプションは約1億3200万円(オーストラリア1部ビーレフェルト)であったことが判明!

田中碧選手も完全移籍するとなると1〜2億ほどの移籍金となるのではないでしょうか?

田中碧の年俸は?

金

続いて、田中碧さんの気になる年俸ですが…

2017年から2021年にかけて年俸が爆上がりしています。

2017年:480万円

2018年:360万円

2019年:400万円

2020年:1000万円

2021年:1500万円

田中碧さんの2021年の年俸は1500万円ほど!

年俸爆上がりの理由は「試合に出場して活躍したから」です。

2020年は40試合に出場して6ゴール1アシスト、とかなり誇れる成果を出していますね。

田中碧さん個人としては、

  • 2019ベストイレブン、ベストヤングプレーヤー
  • 2020Jリーグベストイレブン

を獲得し、川崎フロンターレの選手として2020Jリーグ優勝に間違いなく貢献したといっても過言ではないでしょう。

そして2021年7月からはドイツの『フォルトゥナ・デュッセルドルフ』に移籍。

レンタル移籍の場合は年俸額は変動なし、というケースがよくあるようなので完全移籍が決まった際には年俸が跳ね上がるかもしれませんね!

田中碧への海外の反応

田中碧さんの移籍に関する海外の動画へのコメントを集めて和訳してみました。

はい、世界で最もクールなクラブ
デュッセルドルフへの彼の移籍は多かれ少なかれ今は節約になっているのでうーん、
でも多分マチダかミトマがセルティックに加わるだろうと私は思う

一番のお気に入り選手だ!!

セルティックには行かない..
ドイツに行くフォルトゥナ・デュッセルドルフそしてここでドイツの日本からの偉大なコロニーを生きる...デュッセルドルフには7000人の日本からの日本人と会社が住んでいる

彼は徐々にステップアップする方がいいかもしれない。1部にいきなり行くよりもね。

田中碧さんに対して肯定的な意見が多いようですね!

田中碧の移籍金に対するネットの声

以上『田中碧の海外(ドイツ)への移籍金は0円!?年俸や海外の反応は?』でした。

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる