でんぱ組根本凪のパニック障害の原因は?過去にアイドル活動を辞めていたことも

でんぱ組の根本凪さんが自身がパニック障害であることを公表されました。

根本凪さんは2017年にでんぱ組.incに加入され人気メンバーのうちの1人。

色々とネットでも心配される声が多いです。

今回は、根本凪さんの公表されたパニック障の原因や、過去のアイドル活動を辞めた原因を見ていきましょう。

もくじ

でんぱ組・根本凪のパニック障害の原因は?

根本凪さんは2020年11月26日に自身のツイッターでパニック障害であることを公表されました。

「とあるライブの時に初めてパニック発作みたいなのが出た」という内容。

直近でパニック障害が出たわけではないようです。

トラウマがあり、電車やタクシー・ライブさえも不安があることがあるとのこと。

一体パニック障害が起きてしまった原因は何なのでしょうか。

パニック障害の原因は本人の口からは明らかになっておりませんが、過去に体調不良や精神的に辛い時期があったようです。

原因①でんぱ組・根本凪は過去に体調・メンタルが原因でアイドル活動やめていた

根本さんは2013年に水戸ご当地アイドルの候補生として活動されていました。

引用:http://mito-idol.kirara.st

ただ、デビュー前に脱退をしています。

原因は、体調とメンタルを壊してしまったこと。

当時の”水戸ご当地アイドル(仮) 公式”のツイッターにはこのようなツイートが。

なんとも残念ではありますが、ねぎちゃんが候補生辞退となりました。

学校へは行けるようになってきたみたいなので安心はしましたが、昇格を楽しみにしていただけに残念であります。

引用:Twitter

どうやら学校に行けない日々が続いていたようです。

根本さんの年齢で考えると高校の入学は2014年、ご当地アイドルの候補生に加入したのは2013年なので、ご当地アイドルとしての練習期間中に学校へ行かなくなってしまった時期があったみたいですね。

学校のことに関してはインタビューで根本さんご本人が答えていました。

原因②でんぱ組・根本凪は過去に不登校になっていた

根元さんは高校生の時に不登校になっていたという過去があるようです。

「ARIA」という優しさがテーマであるアニメを見てだんだんと落ち着き、不登校から抜け出すことができたと語っています。

ただ、そのアニメに出会わなければずっと不登校でいたと本人が言われています。

不登校の原因はわかりませんが、精神的にかなり辛い時期だったように思えます。

不登校になる原因って、いじめ・家庭事情・病気・ストレスなど様々だと思いますが、どれも辛い理由ですよね・・。

パニック障害の原因とは

パニックは死への危険を察知して警告を発信し、生き延びるための反応で起こる。災害や敵など命の危機に直面した時、脈が早くなり汗をかいたり、恐怖で血の気がひき手足が震えたり、大声で叫び逃げだしたくなったりといったパニック状態に陥る。

引用:https://doctorsfile.jp/medication/264/

このことから、学校が辛くなってしまい体調・メンタルを崩し、ご当地アイドルとしての活動も脱退することになってしまった可能性があります。

過去の不登校になるほど辛かったことが原因で、パニック障害を引き起こしてしまったのかもしれません。

でんぱ組・根本凪のパニック障害に対するネットの声

ネットでは、根本凪さんを応援する声がたくさん寄せられています。

頑張ってほしいとは思いつつも、パニック障害はすぐに治るものではないので、みんな根本さんを気遣ってこのようなコメントを寄せられているようです。

ファンとしても「頑張ってほしいけど無理はしてほしくないな」という気持ちが強くなりますね・・・!

今後の活動休止の可能性などは

根本凪さんの活動休止の予定はありません。

本人もツイッターでこのように発信されています。

  • 元気を届けたい
  • 今度は私が誰かを救う番
  • この症状だって誰かに手を差し伸べる為にある

活動休止はせず、「これからはアイドルとして元気を届けたい」と発信されています。

こんなに前向きな発言、すごいですよね・・。

これからも無理せずにがんばってほしいです。これからも応援したいと思います!!

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる