岩隈久志の長女は病気(難病)でいまは完治している?病名やその症状とは?

岩隈久志さんの長女・羽音(うた)さんがかわいいと話題になっていますが、実は過去にとても重い病気をされていたそう。

国が指定する難病と言われていたみたいで、完治の判断まで相当な年数がかかる病気だったみたいです。

ですが、現在は完治されているのだとか。

今回は、『岩隈久志の長女は病気(難病)でいまは完治している?病名やその症状とは?』についてご紹介していきます!

もくじ

岩隈久志の長女は病気(難病)だった?

病気が完治した岩隈久志の娘(長女)の写真

岩隈久志さんの長女・羽音さんは、国が指定する難病を持って生まれたそうです。

まだ赤ちゃんのころに大きな手術をしたのだとか。

一体、その難病と言われる病気の病名や症状はなんだったのでしょうか。

岩隈久志の長女の病気(難病)の病名は?

現在、その病名は公表されておりません。

岩隈久志さんは自身のSNSで長女の羽音さんの写真を投稿されたり、綴られたりされています。

ですが、病名は明かさず国指定の難病=指定難病ということだけ仰っておられます。

その数はなんと現在333種類。

指定難病とは..?

難病は治療方法が確立しておらず、長期の療養を必要とすることで大きな経済的負担を強います。国が「難病の患者に対する医療等に関する法律」に定められる基準に基づいて医療費助成制度の対象としている難病を「指定難病」と呼びます。

指定難病は、難病のうち、以下の要件を全て満たすものです。
・患者数が本邦において一定の人数(人口の0.1%程度)*に達しないこと
・客観的な診断基準(又はそれに準ずるもの)が確立していること

https://snabi.jp/article/45#9sglu

想像もできないし、言葉にもできませんが、生まれてからすごく苦労されたのだろうな、ということはわかります。

(↑これ以外の表現ができませんでした…)

岩隈久志の長女の病気(難病)の症状は?

岩隈久志さんが自身のSNSにこう綴っています。

小さい頃はすぐに倒れてしまったり、心配もしましたが、
毎回の検査も泣かずに文句も言わずに頑張る姿に感心するばかりでした。

詳しい症状がどのようなものだったのかはまだ分かりません。

ですが、すぐに倒れるということは痛みも伴いますし、病院にずっと通っていたということ。

国の指定難病になるほどの病気ですから、きっと壮絶な経験をされてきたのだと思います・・。

岩隈久志の長女の病気は現在完治している?

岩隈久志さんの長女(羽音さん)の難病と言われている病気は、なんと現在は完治しているそうです!

長女が15歳の誕生日になったという岩隈久志さんの投稿にはこんなことが書いてありました。

生後すぐに大きな手術をし、退院の日に「この病気は15年間異常なしで初めて完治といえます」と言われました。

それまでの投稿で長女の写真をUPすることはあっても、病気のことについては一切触れていなかった岩隈久志さん。

15年たって完治の判断ができたことをきっかけに、こうしてSNSに綴られたのだと思います。

それほど長女の羽音さんを大事に思っていたということがわかりますね。。

完治されていて、本当によかったです。。

岩隈久志の長女はこれからは芸能界に進出?

そんな可愛い岩隈久志さんの長女・羽音さん。

芸能界に進出するんでは?」という声が多く寄せられています。

実際にご本人が宣言をされたのではありません。

理由は”芸能界レベルで可愛い”から。

岩隈久志さんのお嫁さんも超絶美人。

病気が完治した岩隈久志の娘(長女)を想う夫婦の写真

その遺伝をそっくり受け継いでおられるのでしょうね。

可愛いだけではなく、少し個性的なお顔立ちで、少し小松菜奈さんに近いような雰囲気も感じます。

なんと、スタイルも抜群!

モデルやタレントの道もありそうです。

すでに芸能事務所からスカウトが来ているかもしれませんね。

もし芸能人デビューされることになっても、応援していきたいと思います!

岩隈久志の長女に対するネットの声

https://twitter.com/PFbaU28H0MmiFpI/status/1337037436526841856

早くも注目が集まっていますね!

以上、お読みいただきありがとうございました。

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる