【動画あり】樋口晃平は元Jリーグサッカーの育成選手?出身や実力は?

もくじ

樋口晃平は元Jリーグサッカーの育成選手?

樋口晃平さんは、2019年11月30日までJリーグの育成選手で、ポジションはFWだったようです。

popteenに合格した時の動画でこのように自己紹介をされていました。

去年(2019年)の11月30日まで、元Jリーグの育成選手としてずっとサッカーをしてきたので、
サッカーしかやってこなかったので、サッカーは得意かなと思っております

育成選手って何…?

と、思った方もいますよね。

育成選手というのは、「プロサッカー選手になるための練習をしている選手」という意味のようです。

樋口晃平さんが育成選手として最後の日にnoteに自身の想いを残していました。

今日でSC相模原プロ育成選手としてチームを離れると同時に現役の育成選手プロを目指すスポーツ選手として引退をしました。

この決断は本当に自分にとって辛く苦しく大きすぎたものだったと思っています。

自分は、小学2年生からサッカーを始めプロサッカー選手を目指しました。

そのプロサッカー選手と言う夢はまだその頃には分からない、とてつもなく狭い道だったと今すごく感じています。

引用:note

本気でプロを目指していたということですから、サッカーの実力&努力はただならぬものだったと思います。

しかし、プロサッカー選手への道のりが遠く狭く、辛かったと言っていますね。

そこから現在のモデル&俳優業に転身されています。

樋口晃平の出身校は?

元Jリーグサッカーの育成選手の樋口晃平
出典:Instagram

樋口晃平さんは、東京にある「SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジ」という学校に通って練習していました。

名称:SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジ

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-14 ホアリーナビル4FA 株式会社ユーロプラスインターナショナル内

2019年4月から開校されたばかりの新しい学校です。

樋口晃平さんは2019年11月まで通っていたと言っていますので、この学校の1期生。

樋口晃平(若井晃平)の元Jリーグサッカー育成選手時代のプロフィール写真
出典:SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジ

メンバー一覧のページにまだ樋口晃平さんの写真が載っていました!

キリッとしていてカッコいい!

実は「樋口晃平」というのは芸名で、本名は「若井晃平(わかいこうへい)さん」。

育成選手時代に本名だったため、芸能界ではややこしくなるかもと思って芸名をつけられたのかもしれません!

樋口晃平さんはこの学校に約7ヶ月間通っていたということになります。

どんな学校かと言いますと…

21才以下の選手を対象にプロサッカー選手育成を目的に開校した超実践型サッカー専門校。
プロサッカー選手に必要な能力(技術)だけでなく、知識も教えていく、1年制の専門校。

引用:SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジ

一般の高校などと同じ通学型の学校で、プロを目指す21歳以下の選手に短期間でサッカーを教える学校みたいですね。

高校を卒業後、大学へは行かずこのSC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジに通っていたようです。

筆者

365日サッカーの練習っていうことですよね…すごい…

特徴としては、1年で早く成果を出したい方や、海外進出を目指している方にオススメしているという点。

そして、プロサッカー選手同様の練習をこなすことができる環境です。

サッカーは年齢も限られてしまうスポーツですから、うまくなるのが早いに越したことはありません。

プロを目指す子たちがこの学校に集まってくるのでしょう。

樋口晃平さんもそのうちの1人でした。

【動画あり】樋口晃平のサッカーの実力は?

元Jリーグサッカーの育成選手の樋口晃平
出典:Instagram

そんなプロを目指していた樋口晃平さんのサッカーの実力はどのようなものなのでしょうか。

Youtubeにサッカーをしている樋口晃平さんの姿がありましたので、ご覧ください。

▽樋口晃平さんのプレー動画はコチラ。

アカウント名が「若井晃平」になっているので、ご自身で作成されたものかもしれません。

ちょっとカワイイ…

走るのが早い印象を受けました。ゴールをたくさん決めていますね!

小学2年生からずっとサッカーをしていたみたいなので、かなりの実力だったことが伺えます。

神戸市総体1位の格上の相手に1点ゴールを決めて勝ったこともあるようです。

学校でも有名なサッカー少年だったのではないでしょうか。

ではなぜサッカーを辞めてしまったのでしょうか。

樋口晃平がサッカーを辞めた理由は?

元Jリーグサッカーの育成選手の樋口晃平
出典:Instagram

樋口晃平さんのnoteにこのようなことが綴られていました。

自分がサッカーでは限界だと決断した時恥ずかしながら一人で涙が止まりませんでした。
外に出たくなくなりました。
みんなから期待をされている。と思いプレッシャーで押しつぶされそうでした。
Jリーグの1番下のリーグの選手の給料、過酷さ、戦力外通告と言うこの5文字の恐怖。
目の当たりにして自分がやってるスポーツはとてつもなく恐怖があるものだと知った時はプレーが悪くなっていった事も忘れもしません。
でも自分はこのチーム関東に来て後悔など1つもないです。
大学に行かず、1年どの時間もサッカーのことだけ考えて来てこの決断なら仕方ないと思えました。

引用:note

「結局最後に生残るのは、天才でも才能のやつでもない。サッカー小僧だ。」
これは自分のサッカー人生の最後の監督元日本代表の山口貴之と言う元Jリーガーの監督の教えです。
この言葉の意味がさっぱり分からなかったのですが、今になってみにしみて分かります。
どの職業でもそうだと思ったのです。
結局そのやっている職業がどこまで好きか、どこまで自分を信じて誘惑に負けないかこの難しさが誰よりも痛感して自分の心に刺さりました。
遊び、お金、ギャンブル、誘惑、物欲、食欲、様々な誘惑があります。
それに打ち勝ち最後までその1つを愛せた者だけが残ると言うことです。

引用:note

樋口晃平さんがサッカーを辞めることになった理由としては、「サッカーで自分の限界を感じてしまった」から。

そして、実力の有無以外にサッカーだけを好きだけでとことん突き詰めることが難しいと感じたのでしょう。

そんな時に、芸能事務所から8社スカウトが来たと。

もともと樋口晃平さんはサッカー以外にファッションや撮影や演技など、芸能界に興味があったため、モデルや俳優としての仕事を頑張りたいと想いサッカーを辞める決断を下されたのだとか。

ネガティブな考えではなく、新しい道を見つけることができたという素敵な考えのようです!

自己紹介で「サッカーが特技」と自信を持って答えることができるぐらいの実力を十分に持っていらっしゃるので、これからはサッカーの企画などももしかしたらやっていく機会があるかもしれませんね(*゚▽゚)ノ

以上、『【動画あり】樋口晃平は元Jリーグサッカーの育成選手?出身校や実力は?』でした。

お読みいただきありがとうございました。

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる