【2021現在】コムドットの年収は1億円超え!?過去から現在までの給料の比較も!

若者からの圧倒的な支持で勢いが止まらない5人組Youtuber・コムドット。

メンバーの給料も激増し、やっと努力が実って生活が潤い始めたのだとか。

「Youtubeでどのくらいの収益が出てる?」「どのくらい給料もらってるんだろ」と、気になる声が多く寄せられている様子です。

ということで今回は『【2021現在】コムドットの年収は1億円超え!?過去から現在の給料を比較!』についてご紹介させていただきます。

もくじ

【2021現在】コムドットの年収は1億円超え!?

コムドット
出典:Twitter

勢いを増しているコムドットの2021年の年収は1億円超えだと考えられます。

Youtuberの収入は大きく分けて2つ。

・広告収入
・企業案件

この2つのうちコムドットが力を入れているのは企業案件ではなく広告収入です。

Youtuberとして生活をしていく上で最も大事なことは、「どれくらい動画が再生されるか」ということ。

チャンネル登録者だけが増えても再生されない限り収入が増えることはありません。

しかし、コムドットはチャンネル登録者数の増加と同時に2021年3月現在では動画の総再生回数がほぼ4億近くに!

コムドットの再生回数
出典:Youtube

これによって、コムドットの2021年の年収は1億円を超えると予想できます。

2020年末に「道をあけろ」で炎上してしまったのも忘れてしまうくらいの人気っぷり。

次に詳しく解説していきます。

【2021現在】コムドットのYoutube広告収入はいくら?

2021年のコムドットの年収が1億円超えを考えられる理由を見ていきましょう。

年収①コムドットの広告収入

youtube広告

Youtubeの広告収入の計算方法についてこのように言われています。

「YouTube動画は再生回数に応じて、1再生あたり0.1円の広告収入を得られる」

広告によって単価が変わるので1再生につき0.2円や0.3円になることも。
ただあくまでも平均0.1円以上ということになります。

コムドットの直近の総再生回数の増幅を見てみます。

2019年1月26日:10万回
2019年5月22日:100万回 ※90万伸び
2019年11月15日:1000万回 ※900万伸び
2020年11月6日:1億回 ※9000万伸び
2021年3月8日:3億9017万回 ※約3億伸び

順調に再生回数が伸び続けていましたが、直近の4ヶ月間で3億再生回数も伸びています。

4ヶ月で3億回再生された場合の広告収入はと言うと…

3億×0.1円=3000万円となり、直近4ヶ月間で3000万円以上の収益が出ていることが予想できます!

このままの勢いかそれ以上の勢いで再生され続けた場合は年収は9000万円以上。

3000万円×3(1年間分)=9000万円

2021年内にチャンネル登録者数200万人を目標に掲げているコムドット。

コムドット
出典:Twitter

2020年には50万人だったチャンネル登録者数も2021年には100万人を突破し、勢いが止まりません。

さらに再生回数の伸び率がUPしていくことが予想できます。

広告収入だけで2021年の年収が1億円を超えることは間違いないのでは…?

コムドットは給料をメンバー全員で均等に分けていると動画で言っていました。

すると、年収が仮に1億円だった場合…

・やまと
・ひゅうが
・ゆうた
・ゆうま
・あむぎり
・ぼん(マネージャー)
・ごうた(マネージャー)

のメンバー5人とマネージャー2人で均等に割ると考えれば、1人あたりの年収は1400万超え!

月収だと110万超え…

夢がありますね。゚(゚´ω`゚)゚。

年収②コムドットの企業案件収入

コムドットへの企業案件

もう1つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、「企業から宣伝依頼を受けて商品やサービスを動画で宣伝すること」。

この企業案件の相場は、以下の通り。

1再生あたり3~20円の報酬

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なるため、実際にどのくらいかは分かりません。

コムドットの動画のコンセプトは”地元ノリを全国ノリに”。

あまり企業案件動画は出しておらず、直近で確認できたのはコチラの韓国通販Qoo10からの企業案件のみ。

コムドット

再生回数は約110万回!

110万×3円=330万円
(※相場の最低ラインで計算しています)

コムドットは企業案件1つで、300万円以上稼げるということになりますね。

現在ではまだあまり企業案件に力を入れていないようですが、これから増えてくればますます年収が上がるばかり…!

収入の軸である広告収入と企業案件を合計すれば、年収は最低でも1億円は超えると予想できます。

チャンネル開設当初から現在のコムドットの年収を比較!

コムドット
出典:Twitter

さて、年収が豪華すぎる金額のコムドットですが、これまでの努力があったからこそのもの。

Youtubeチャンネルを解説した初期から現在までの年収の変化を見ていきましょう。

2018年の年収:Youtubeチャンネル開設当初

youtube

コムドットがチャンネルを開設した当初の年収は0円でした。

Youtubeでは収益を発生させるためのいくつかの条件があります。

「18歳以上であること」や「広告掲載に適した内容であるか」という基本的なこと以外に、

  • 直近12ヶ月の総再生時間:4000時間以上
  • チャンネル登録者数:1000人以上

というなかなかハードルの高い条件のクリアが必要なのです。

やっと2018年の12月にチャンネル登録者数1000人の条件をクリアしました。

しかしもう1つの条件である再生時間4000時間という条件がクリアできず…

2019年の年収:登録者数10万人突破

報酬

2019年のコムドットの年収は推定300万円!

2019年1月に、もう1つの再生時間の条件をクリアし見事収益が出るように!

11月時点の総再生回数は約10,000,000回だったので、広告収入額を計算してみると…

10,000,000回×0.1円=100万円

単純計算すると、広告収入は100万円となります。

しかし実際に2019年10月に、コムドットがYoutubeの1年間の年収について答えた動画では、

ちょっといい8人乗りの車が新車で買える(高級車ではない)

とリーダーのやまとさんが答えていました。

100万円でおそらく新車は買えないため、年収は300万前後が妥当ではないでしょうか。

もしかしたら広告収入の単価が0.1円ではなく0.3円以上だったのかも?

この時はメンバー5人で、マネージャーの2人は加入していなかったため給料は5等分。

1人あたりの年収は60万円程度だったことが予想できます。

個人の年収を他のものに例えるというコーナーでは、

  • 東京港区の1LDKに引っ越す初期費用
  • お菓子を1年間ふんだんに買える
  • 2ヶ月間昼夜焼肉生活できる
  • ギリギリバイト辞められないぐらい

と、とっても絶妙な例え…!(笑)

どの例も50万円〜100万円くらいのラインが気がしますね。

2020年の年収:チャンネル登録者数50万人突破

報酬

2020年のコムドットの年収は推定900万円!

2019年11月から2020年の11月にかけて再生回数が9000回も伸びています。

単純に広告収入を計算すると、

9000万×0.1円=900万円

となります。

2020年11月時点のメンバーの月収の例えによると、

  • 個人の月収は中古車2台分
  • 個人月収は普通の社会人の初任給よりは多い

と言っていますので2020年後半にかけて再生回数が急増し月収が増えたのかも…?

この時はメンバー5人とマネージャーのぼんさんが所属していましたので、個人の年収は150万円ほどだったと考えられます。

2021年のコムドットの年収は推定1億円超えなので、2020年と比較しても10倍以上も年収が増えているようです!

「Youtubeには夢がある」とはまさにこのこと。

【まとめ】2021現在のコムドットの年収は1億円超え!?

まとめると、コムドット2021年の年収は広告収入だけで1億円を超えると予想できました。

そして企業案件が多くなればなるほど年収が上がっていく一方です。

これまでの年収を比較してみると、

2018年:0円
2019年:300万円
2020年:900万円
2021年:1億円超え(予想)

と、かなりの伸び率!

これからの活躍がますます楽しみですね(*゚▽゚)ノ

以上『【2021現在】コムドットの年収は1億円超え!?過去から現在までの給料の比較も!』をご紹介させていただきました。

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる