adieu(上白石萌歌)の名前の読み方や意味&由来とは?野田洋次郎のナラタージュが関係していた

女優として活躍する一方で、歌手・adieuとしての活動も始めた上白石萌歌さん。

女優名とは全く違う名前で活動していてカッコいい印象を抱きますが、なんだか聞きなれない単語ですよね。

一体”adieu”という名前の由来や意味は何なのでしょうか?

ということで今回は『adieu(上白石萌歌)の名前の意味や読み方&由来とは?野田洋次郎のナラタージュが関係していた』についてご紹介させていただきます。

もくじ

adieu(上白石萌歌)の名前の読み方は?

adieu(上白石萌歌)
出典:Twitter

まず、adieuの読み方は「アデュー」です。

発音は、ア⤴︎デュー⤵︎というニュアンス。

⬇︎コチラの動画では上白石萌歌さんが実際にadieuを発音していますよ。

次に、adieuの名前の意味や由来を見ていきましょう。

adieu(上白石萌歌)の名前の意味&由来は?

adieu(上白石萌歌)の名前の意味

adieu(上白石萌歌)
出典:Twitter

adieuは、フランス語で

さよなら

という意味です。

ネットで検索をかけてみると…

・別れ
・こんにちは

と他の意味もありますが、実際に上白石萌歌さんがadieuの意味はさよならだと話していました。

adieu(上白石萌歌)の名前の由来

adieu(上白石萌歌)
出典:Twitter

adieuの名前の由来ですが、

2017年に公開された映画『ナラタージュ』の主題歌の歌詞

から名付けられました。

映画の主題歌「ナラタージュ」を野田洋次郎さんが作詞作曲しており、その歌を歌うのが現在のadieuです。

当時は匿名アーティストとしてデビューしていて、上白石萌歌さんだと公表したのは2019年の頃。

「ナラタージュ」の歌詞には、

はじめまして「さようなら」
最初で最期の「さようなら」

Uta-Net

と、何度も「さようなら」という歌詞が登場します。

これをフランス語に変換すると、「adieu」です。

上白石萌歌さんが本格的に音楽活動をするようになったきっかけはこの「ナラタージュ」の歌を歌ったことだそうです。

つまり、自分に転機を与えた曲からアーティスト名を名付けたというわけですね。

野田洋次郎さんが作詞したからこそ、生み出されたadieu。

なんだか素敵です。゚(゚´ω`゚)゚。

当時は上白石萌歌さんだとは公表せず、アーティスト名も無名のままでした。

上白石萌歌さんは女優として活躍していましたが、光る原石に目をつけた野田洋次郎さんが大抜擢したと言います。

女優の”上白石萌歌”という名前より、”adieu”の名前の方がしっくりきているそうですよ。

女優ではなく、本業がアーティストとなる日も近いかもしれませんね!

adieu(上白石萌歌)に対するネットの声は?

⬇︎300万回以上再生されているadieuのナラタージュはコチラ

以上『adieu(上白石萌歌)の名前の読み方や意味&由来とは?野田洋次郎のナラタージュが関係していた』をご紹介させていただきました。

関連記事(広告含む)

もくじ
閉じる